保健師

赤ちゃんの虫歯予防はどうしてますか?原因から考えてみましょう!

Mako
Mako
こんにちは、まこです。役所の保健師として10年以上に子育て支援事業に携わっています。

 

自分の子どもの虫歯って気になりますよね??

今回は 赤ちゃんの虫歯予防と主な原因についてお話しますね

・赤ちゃんの虫歯が気になる人
・予防法を知りたい人
・虫歯の原因について知りたい人

 


子どもの虫歯について

虫歯の原因は3つあります ①歯の質 ②細菌(虫歯菌) ③食べ物(砂糖)

①歯の質を守る為に
→「フッ素」を使えば歯を固くする作用があるので虫歯になりにくい歯を作ります

②細菌を口の中に居座らせない為に
→仕上げ磨きを行い、大人と箸の共有を避ける

③食べ物(砂糖)から守るために
→砂糖を含むものはなるべく少なくしましょう

 

赤ちゃんの虫歯について

 

生まれたばかりの赤ちゃんは「無菌」状態ですが、
生活をしているうちに口の中に様々は菌が入り込んでしまうのです

まだ歯が生えていないうちは
虫歯菌はどこにも住みつくことが出来ませんが、
硬いもの(乳歯)が生えてくると住み着こうとしてきます

赤ちゃんの虫歯について

 

夫
虫歯にならないよう赤ちゃんにもちゃんと歯磨きさせないとね
Mako
Mako
ご飯やお菓子を食べた後は、歯磨き習慣をつけさせるのが大切ね
夫
オッケー!その役は僕に任せて!
Mako
Mako
うん、任せるね!
夫
赤ちゃんはみがきしまちょう! ちゅー💖
Mako
Mako
コラッ!!虫歯がある人はちゅーしちゃダメよ!!
赤ちゃんは無菌なんだから、虫歯菌持ってる人がうつしちゃうのよ!!

赤ちゃんの虫歯の原因

 

1本でも虫歯を作ってしまうとどんどん拡がってしまいますし、
治療にお金もかかってしまうので、
なるべく子どもに虫歯を作りたくないですよね…🦷

赤ちゃんが虫歯になる原因は主に3つになります

①歯の質が落ちてしまっている。強い歯を作っておけば、虫歯になりにくくなります!

②細菌(虫歯菌)が口の中に存在している。なるべくクチの中に菌を存在させないこと大切です!

③食べ物(特に砂糖)は虫歯ができやすい環境を作ってしまいます。
なるべく砂糖が口の中に居続けないようにすることも大切です!

赤ちゃんの虫歯予防について

 

パパやママの唾液による感染もありますが、
最も大事なことは食事のあとの歯磨きですね

どんなにパパやママが気を付けていても、
ご飯の時以外にダラダラとお菓子を食べちゃったり、
磨き残しがあったり、様々な影響がかさなって虫歯になりやすいのです

最近は上下の歯が生えてきたら、
フッ素を塗ることが歯を強くすることに有効と言われています✨

フッ素だけで虫歯が予防できるわけではないので、
もちろん毎日の歯磨きも大切ですが、強い歯のベースを作るのには有効🦷

フッ素塗布も検討してみてくださいね💕

歯みがきを赤ちゃんに始めさせる時期とは? 歯みがきを始める時期について 目安として5~6か月頃になると、下の歯2本がまず生えてきます 下の歯2本はえたらガーゼ等を...

赤ちゃんの歯磨きについてもぜひ読んでみて下さい

 

#makosodate #子育て #子育てアドバイザー #育児絵日記 #育児イラスト #イラスト #コミックエッセイ #育児 #子供のいる暮らし #子育て応援 #ママと繋がりたい #育児奮闘中 #子育てぐらむ #新米パパ #新米ママ #子育てを楽しむ #母の悩み #楽しい子育て #主婦 #赤ちゃんのいる生活 #ママ #子育て中 #女の子親 #男の子親 #子育てあるある #子育ての悩み #歯磨き#フッ素#歯磨きデビュー#子どもの歯

子育てのお悩みを一緒に考えます

小さなお悩みでもお聞きします  ココナラ 相談ルームで受付中