妊活

最も恐れていた検査!卵管造影検査を受けてきた・・・

わたしには一つだけ恐れていた検査がありました

それは、人によっては痛い!と有名な「卵管造営検査」、当日検査着に着替えて痛み止めの座薬を入れたものの、診察が遅れて先生がなかなか来ませんでした

子宮に造影剤を入れて、子宮の形に異常がないか、卵管の通りが悪くないかを確認する検査です

途中からあまりの痛さに言葉も出ない状態、ただし凄い顔になったようで看護師さんに猛烈に応援されました💦

終わった後もよく頑張ったねーと沢山なぐさめてもらいましたが、痛みで放心状態だったので小鹿のような歩きになっていました

 

妊活する上で恐れていた検査・・・

 

実は妊活を進めていく上で、あまり受けたくなかった検査の1つが「卵管造影検査」です

理由は痛みに弱いから…、あとは造影検査にあまり良い思い出がないからです

どういう検査か?

 

子宮や卵管を造影剤を入れることで形に異常がないか調べるものなので、細い部分があったりすると、個人差はありますが、人によっては痛みがあることがあります…

実際に検査中わたしは激痛に襲われ、看護師さんや先生の応援を受けてなんとか検査を終えました 笑

 

卵管が詰まっていたら、タイミング法や人工授精をしたとしても意味がないものになってしまうので、必ずどこかで受ける必要のある検査です!

痛み止めも使用できますし、痛みは少ない人も多いので怖がりすぎず頑張りましょう💪

#MAKO#保健師#看護師#チャイルドボディセラピスト#結婚2年目#妊活#結婚生活#夫婦#夫婦二人暮らし#手書きイラスト#卵管造影#卵管造影検査#卵管造影検査レポ

子育てのお悩みを一緒に考えます

小さなお悩みでもお聞きします  ココナラ 相談ルームで受付中