MENU
妊活

卵管につまりがあると診断・・・卵管閉塞とは

前回の続き 診察後に着替えて検査結果を聞きます
結果・・・右側の卵管につまりがあって、何度か造影剤を入れてみましたが、つまりが取り除けませんでした
右の卵管はつまっているので精子と卵子が出会えません、ただし卵管は可動性があるので右の卵巣から卵子が飛び出ても左の乱あkンで卵子をキャッチできる場合もあります
片側卵管閉塞でも自然妊娠は可能です!まずはタイミング療法でやっていくことにしました

 

卵管造影検査をすることで軽度の閉塞は開通することが多くあります! 造影剤を流し込むことで通りがよくなることがあるんです。つまり、検査という名前ですが妊娠しやすくする治療でもあるんです!!

ただし私の場合は右側の卵管がつまってて(ふさがってて)「卵管閉塞」であるという診察結果でした…😞ただ、幸いなことに左側の卵管はスルスル通っているので、自然妊娠は可能✨

まずはタイミング療法で毎月様子を見つつ妊活していくことにしました!ご夫婦のタイミングがあるかと思いますが、タイミング法でもなかなか妊娠しづらい場合は、医師に相談の上で次のステップに進めていくつもりです!

 

MAKO#保健師#看護師#チャイルドボディセラピスト#結婚2年目#妊活#結婚生活#夫婦#夫婦二人暮らし#手書きイラスト#卵管造影#卵管造影検査#造影検査#卵管造影検査レポ #卵管閉塞

子育てのお悩みを一緒に考えます

小さなお悩みでもお聞きします  ココナラ 相談ルームで受付中